中型までの青物釣るならライトなショアジギングロッド?強めのシーバスロッド?~僕がショアジギングロッドを選んだ理由と使用感について~

MLクラスはガチガチのショアジギングをするならスペック的に足りないけどライトの付くショアジギングなら候補に入ってくるのではないでしょうか?

ライトなショアジギングをするとなると良く悩まれるが汎用性のある強めのシーバスロッドでやるか、対青物用として適正の高いライトなショアジギングロッドを買うか、ここで悩んでしまうと思います。

結果僕はショアジギングロッドを選んだわけですがライトなショアジギングロッドを選んだ理由と実際の使用感が悩まれている方の参考になれば思い記事にしてみましたので良ければご覧下さい。

それではどうぞ。

僕がジギングロッドを選んだ理由

狙うのは青物という事

僕が住んでいるのは岡山県ですが青物が近年ようやく釣れるようになったというレベルでアベレージもハマチサイズが平均です。

でもこれから青物を釣ろうという人が青物の引きの強さを知らないのに弱い方のロッドを手にするのはどうなんだろうという思ったんですね。

個人の感じ方ではあるもののネットの情報ではハマチくらいならシーバスロッドで十分とか結構目に着きますよね。

じゃぁブリが掛かったらどうすんのよ?って僕は思いました。

動画ではシーバスロッドでブリを釣る動画がたくさんあるので上げられない事はないと思いますが魚にのされて、走られて、混雑する中人に迷惑かけて釣りあげるというのはどうなんだって思ったのがシーバスロッドを使わない理由になったわけです。

シーバスロッドのMHはいらなかった。

青物を釣るのにわざわざシーバスロッドを選ぶ人は汎用性を求めてだと思います。

僕もシーバスをメインでやっていたのでもちろんシーバスロッドで出来るなら良いなと思いましが結局の所MHのシーバスロッドで普通にシーバスをやる分には固すぎるしMだと50gのジグはしゃくりにくいしシーバス使いには少し固いので以外と汎用性の点で見ても微妙かも、と。

サーフゲームとかだとシーバスのMクラスは丁度いいですが結局汎用性を求めると結局使いにくさが残って後悔しそうなのでシーバスロッドは選ばない事にしました。

グリップが長い。

シーバスロッドとショアジギングロッドの違いはたくさんありますがグリップの長さもその違いに当てはまりますね。

ジギングは基本動作でジグをジャーキングがありますのでショアジギングロッドだと脇の下に挟みこめるだけの長さがある為てこの原理でしゃくる動作が格段に楽になります。

キャスト時も右投げの人なら右手を支点に左手が作用点の役割をするので重いジグでも楽にキャストする事が出来ますし青物狙いには必須の飛距離が出やすいです。

 

ショアジギングロッドML、Mの使用感は?

疲労感について

いくらライトな部類と言えどショアジギングロッドには変わりないのでロッド重量はシーバスロッドよりは確かに重たいですが慣れてしまえばそこまで気にならずどちらかと言うとジグの重さの方が腕に来ると言った印象なのであまり気にしないで良いと思います。

 

その重さはジグを投げる、しゃくる動作の時に疲労が蓄積されるのでシーバスロッドより反発力のあってグリップが長いショアジギングロッドの方が楽にジグを投げる、しゃくる事が出来るのでトータル的にはショアジギングロッドの方が疲労感は少ないと思います。

青物を掛けた時

さすがショアジギングロッドと言った感じです。

ハマチサイズだと存分に青物の引きを楽しむ事が出来るしロッドの反発力を使い取り込んでいく事も出来ます。

周りにも迷惑を掛けない為にも特に入門者の方はライト寄りなショアジギングロッドから始める方が良いと思います。

 

シーバスロッドだと慣れてないとハマチサイズでもスリリングなファイトになってしまうと思うのでこれはこれで楽しそうですが人が混雑するような釣り場では使えないですからね。

許容ジグウェイトについて

メーカーによってクラスの表記と許容ジグウェイトは違うので申し訳ないですが断言は出来ません。

ちなみに僕のロッドだと表記はMLですがジグウェイトが60gまでなので他社で言うMクラス相当のロッドです。

有名な所で言えばシマノのコルトスナイパーがMで60gまで、ダイワのジグキャスターがMで60gまでとなっていてライトなショアジギングロッドは大体Mクラスまでという事になります。

 

大まかに投げられるジグの重さとやり取りできる魚のサイズは比例しているので釣り人の技量考えずロッドのスペック的にはMクラスで許容が60gなら不意のブリサイズ(80㎝の5㎏くらい)までなら何とか対応できると思っていいと思います。

どんな人におすすめ?

サブロッドとしての使用

一本すでにショアジギングロッドを持ってるよっという人にもおすすめです。

場所によって必要なジグの重さが違いますよね。

いつもMHクラスで80gまでを使っているなら40gのジグは投げにくいという人もサブロッドとして使い分ければやりやすくなる事でしょう。

女性にもおすすめ

入門者におすすめと言いましたが女性にもおすすめです。

それは男性と比べ身長も低く力が弱い為タックル自体が重くロッドに張りがありキャストにパワーがいるのでMH以上のクラスだと1時間投げる事も難しいです。

慣れてしまえば問題なく投げられますがある程度慣れるまでは苦痛に感じるほどしんどいので慣れるまではMクラス以下のロッドパワーがおすすめです。

最後に

シーバスロッドでも出来るならシーバスロッドが良い、人の迷惑なんて二の次というような人は置いといて僕が懸念したような事を同じく懸念している人ならショアジギングロッドを選んだ方が後悔はないかもしれないですね。

MやらMHやらロッドパワーのワードが出ましたがシーバスロッドにも同じようにM、MHがあるので混同しないように気を付けてくださいね。

僕が良いと思って使っているのはショアジギングロッドのMですからね!

ジャンルを間違えないように気を付けてくださいね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

それでは皆様良きフィッシングライフを!!

 

良ければポチっとお願い致します!!

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村